黒猫先生のナイショのお部屋?弐

番外編4「ブラッククリスマス」

チリンチリン…。
…チリン…チリン…。
何故か鈴の音が聞こえてくる。


アッシュ「うるさいなあ。何の音だ?うん…何時の間にか寝てたのか」
男「うほ?起きたのか、トナカイ。もうすぐ出発じゃ。そろそろ準備しておくのじゃ!」
ア「トナカイって何言って…。うわ!何だこの格好」
全身茶色い毛皮を着て、頭にはトナカイの角。首には鎖と大きな鈴(ベル?)が付いている。
さっきからうるさく鳴っていたのはコレのようだった。
ルピカ「サンタさん!こっちの準備は終わったわよ♪」
ルピカもサンタの格好をして、大きな袋を持っている。
サンタ「うむ、間もなく出発じゃ。台車にプレゼントを詰め込むのじゃ」
ル「ラジャー♪」

ア「ば、バーニィ。で、何で俺はトナカイなんだ?しかも鎖で繋がれてるし…」
サ「バーニィ?そんなの知らんと言ってるじゃろ」
ア「でも…」
サ「やかましいぞ!畜生ふぜいが!!貴様は今夜は俺様のトナカイなんだ!きりきり働け!!」
そしてサンタはどこからともなく鞭を取り出し振るう。
ビシッ
ア「うわ!やめろ!わか…わかったから!!」
サ「ふん!わかればよろしい」
何だかキャラが変わってしまったサンタに連れられ、プレゼントが載った荷台の前に来る。
サ「さあ、貴様の出番だ!トナカイ!!」
ア「ちょ!まさか人力でこの一杯のプレゼントを運ぶのか?無理に決まってるだろ」
サ「貴様飼い主に意見するのか?」
ビシシッ
ア「うわ!やめろって!ヒィ」
サ「ふん!本来ならそうしたいところだが、さすがに貴様一匹で運ぶのは無理な量だ。時間も無いしな。そこでコレだ」
後ろからトロトロと、ルピカがバイクに乗ってやってくる。この世界では一般的なフォトンバイク。勿論荷台を繋いで運ぶことも可能。一応空も飛べる。
サ「貴様はコイツで俺達とプレゼントを運べ!いいな!」
ア「わ、わかったよバー…」
サ「サンタ様だ!!」

三人は荷台に一杯のプレゼントを載せ、出発する。
サ「さて、まずはどこからかのう?」
ル「ええとー、まずはLさん(仮名)からね。その後はアリーナちゃん。二人とも特別料金ねぇ。ニヤリ」
サ「ふむ、ならばたっぷりサービスせんとのう…ククク」
ル「わあ、サンタさんノリノリね!勿論トナカイさんの羞恥プレイよね?(笑)」
サ「そうなるかのう?ほっほっほっ!」
運転しているトナカイアッシュからは、当然そんなやりとりは聞こえない。

そして可哀想なトナカイアッシュを先頭に、サンタ達はパイオニア2の街中へと消えていった…。
この後何があったかは敢えて語らない。


終わり
[PR]
by kuroneko_sensei | 2006-12-28 17:30 | 妄想中
<< こっそりひっそり更新中 番外編3「ホワイトクリスマス」 >>



PSUやPSOとは関係無い(?)全てが妄想のブログデス。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
二代目黒猫先生とは?
これは、ある日突然二代目に襲名されてしまった不幸な婦女子(?)の記録デス。

しばらくは秘密裏にドウジン活動をしていたのですが、最近お姉さまに活動内容が全てバレてしまい、今は開き直って堂々と活動しています。

ちなみに私は、PSOの同名の人とは関係ありませんよ?
初代さんが言うには魂の繋がりがあると言ってたけど…。それってどういうことなのかな?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧