黒猫先生のナイショのお部屋?弐

第7話「アッシュと危険なバレンタイン」

今日はバレンタインデー。さて、アッシュくんはチョコを貰えるのでしょうか?
というか、本人はそれどころでは無いようですが…。

(朝)
ハァハァッ
アッシュ「ゃ、ゃめろバーニィ」
バーニィ「ん?どうした?やさしくしてやるよ」
ア「ち、ちが……」
ガバッ!
ベッドから飛び起きるアッシュ。
ア「ゆ、夢か。一体なんて夢を……orz」

(昼)
ギルドでバーニィと会い、次の仕事の相談もかねて二人で食事中。
ア「なあ…、バーニィ?」
バ「ん?どうした?」
ギクッ
ア「い、いや…。やっぱ何でもない」
ア(何意識してんだ?俺?(汗))
ア(最近何かがおかしいんだよな。いつの間にか寝てたりすることも多いし…)
ア(そうだルピカ!彼女に聞いてみるか…)

(夕方)
いつも彼女が買い物しているお店で会うが、せがまれてアイスを買わされるw
ア「な、なぁ…ルピカ」
ルピカ「なぁに?アッシュ?」
棒付きアイスをくわえながら答える。
ア「最近俺変なんだよ。変な夢を見たり、いつの間にか寝てたり、時々記憶が無かったり」
ア「いつも3人での冒険中なんだよなぁ。何か知らないか?」
一瞬顔を別の方向へ向けるルピカ。
チッ!!(舌打ちする音)
振り返り満面の笑みでアッシュに答える。
ル「えとね~~、あっしゅう?今日は何の日か知ってる?」
ア「???」
ル「鈍いのねぇ。まあいいわ、これあげる」
ドキッ
ア「こ、これって……」
ル「そ、バレンタインチョコレートよ♪腕によりをかけて作ったの」
ア「え?俺に?ホント?有難うルピカ!」
ル「で~、さっそくで何だけど食べてみてくれる?」
ア「え?今ここでか?ちょっと恥ずかしいな…。じゃあひとくち」
アッシュは恥ずかしがりながら、ひとくちチョコを食べてみる……。

……バタン。

つん、つん。倒れたアッシュをアイスの棒でつつくルピカ…。
ピッポッパ…。トゥルルルルルルル~ガチャ。
ル「あ、バーニィ?ルピカよ。さっそくひと仕事お願いしたいんだけど…」
ル「どうも記憶封鎖が不完全だったみたい。もう一回やるからお願いね」
ル「あ、あとついでにまた写真撮るんでよ・ろ・し・く!」
ル「今度は何がいいかな~?そだ、ウェディングドレスなんてどうかしら?」

アッシュくんのバレンタインデーはこうして終わりました。
彼に明日はあるのか???無い気がする…。

第1部 完
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 18:38 | 妄想中

第6話 補足

ノル(追加) 黒猫先生の昔の親友(同人仲間)。本星では二人で同人誌を描いていた。
スゥ 黒猫先生の正体。ルピカに缶詰状態にされている(涙)
あの時誓った約束 パイオニア2に乗船するのが決まった頃、厳しい報道・出版制限の為辞めることを誓った。そして二人とも別々の道を歩み始めたのだが…。
取り立て屋ルピカ 最初は黒猫先生からお願いしていたのだが、ルピカの要求がだんだんと厳しさを増し、いつの間にか全てを仕切るようになってしまっている。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 17:53 | 補足・解説

第6話「過去の古傷」

私の名はノル。元ジャーナリスト。現在はラボに勤めている。
現在長期休暇中。

先日アリーナちゃんから無理矢理没収したアレ、何だか見覚えあるのよねぇ…。
「黒猫」なんてペンネーム使っているけどタブンアイツだ。
まだこんなことやってたのか…(苦笑)。しかも私が調べた所、発行部数が万単位のいわゆる大手。
確かに絵も以前とは随分変わって手慣れてるし、何より内容が過激…。
う…、古傷を思い出してしまった…orz
私はもうとっくに足を洗ったんだ!
あの時誓った約束を結局守れなかったのね。
しようのない娘(苦笑)
さて、久々に旧友との親交でも暖めてみますか。
あと説教もね(苦笑)

着いた。
パイオニア2の片隅にある何となくレトロな雰囲気のアパート。
ここは以前と全然変わってないわね…。
調べた所、今はここは仕事専用に使っているみたい。自宅は別らしい。
二人で描いてた頃が懐かし…。む~イカンイカン(汗)
玄関のブザーを押してみる…。反応が無い。留守?
「ガチャ」
ロックはかかっていない。不用心ねぇ。
中に入っていき、恐らくは仕事に使っているであろう部屋のドアを開けてみる…。
居た。彼女は机に突っ伏している。
あ~、こりゃアレだな(苦笑)
ノル「スゥ~。昔の親友が会いにきてやったよ~w」
ガバッ
スゥ「!?ノル?ノルなの???」
ス「の、ノル~!会いたかった~!(涙)」
予想通り普段の彼女からは想像出来ないくらいの、ヨワヨワっぷり。
まれにラボでも会うのだが、敢えてお互い知らないふりをしているのだけど…。
ス「オネガイ~。今すぐ手伝って!!」
ス「夕方までに入稿なの!あと数時間しか無いのよ!」
ス「このままだとアノ悪魔娘に何されるか…」
ノ「……。あのさ、私がここに来た理由分かってる?」
ス「うん、分かってる。後で説教でも何でも聞くから今だけオネガイ~(涙)」
涙を浮かべて懇願する彼女。
ふぅ、相変わらずなのね。全然変わらない。
ノ「仕方無いわねぇ。今回だけよ?」
苦笑しながら、そして懐かしい机に向かう。
ノ「まさかまた描くことになるとは…ね」

しかし、数時間後に私は後悔することになる。
まさかルピカが取り立てに来るとは…orz
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 17:43 | 妄想中

第5話 補足

ノル 元ジャーナリスト。最近ラボに就職した。色々裏事情に詳しい。
エリ ノルの同僚。メカフェチw
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 15:17 | 補足・解説

第5話「アリーナの秘密日記」

♀月♀日
今日凄いモノ拾っちゃった♪
リンネとつい魅入っちゃったけど、あんなの初めて!同人誌って?BLって?
こんな凄い世界があったのね。
その後ルピカちゃんから凄い写真見せてもらったケド、買えなくて惜しかったなあ。
買おうとしてたらアッシュくんが来ちゃったのよね(汗)。凄く気まずかった(苦笑)
あ~ぁ、もっと観たかったなぁ。

♂月♂日
あれからルピカちゃんに会えないので、本に詳しそうなノルさんにこれを見せてみた。
何故か顔を真っ赤にして、「こんなもの見ちゃダメ~!」といって没収されてしまった。すごく残念(涙)
またどこかに落ちてないかなぁ?

凸月凹日
何とかルピカちゃんと連絡が取れた。
今度専門のお店を紹介してくれるそうなのでもうドキドキ!
写真はその時売ってもらうことになったので楽しみ~♪

○月×日
最近ノルさんを見かけない。どうしたのかしら?
同僚のエリさんに聞いたところ長期休暇をとっているらしいケド…。
アノ本を没収されてからなのよね。何か関係があるのかしら?

つづくかも?
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 15:12 | 妄想中

第4話 補足&解説

いかがわしい絵 ルピカの要望で黒猫先生が描いた絵。
レアなお菓子 バレンタインイベントで作成できるアノチョコ(失敗作)
この後起きること アッシュのいかがわしい写真撮影会(笑)。この時撮られた写真が、アリーナ嬢に売ろうとしているモノ。
撮影された写真 「犬耳・首輪を付け、うつろな表情のアッシュ。バーニィは後ろ肩から手を回し左耳をやさしく噛む図」鼻血w 撮影の様子は個人妄想で補完くださいませ。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 14:47 | 補足・解説

第4話「アッシュくん不幸!」

ラグオルの森、ハンターズの三人が木陰で休んでいる。
なんとなくイライラしているアッシュ。
アッシュ「最近ルピカとバーニィ、妙にコソコソしているんだよなあ」
寝転びながらチラっと他の二人を見る。

少し離れた木陰で、寝ているバーニィに話しかけるルピカ。
ルピカ「ネェネェ!バーニィ。今度はこういうのお願いしたいんだけど♪」
バーニィ「あん?またか?しっかしこんな写真撮ってどうするんだ?まぁまたロクでもないことやっているんだろうけどよ」
ル「ロクでもないとは失礼ね。ビジネスよ、ビ・ジ・ネ・ス!」
バ「ビジネスねぇ(苦笑)まあ俺は報酬さえ貰えるならどうでもいいけどな。ただ後始末は忘れるなよ?」
ル「モチロンわかってるって(笑)」
と言ってアッシュの方をニヤリと見るルピカ…。
アッシュはそんなやりとりも知らず、今は空を見上げボーっとしている。
そっとバーニィに何かいかがわしい絵(by黒猫先生画)を渡すルピカ。
バ「………。今更なんだが、今回は特にいかがわしくないか?」
ギクッ
ル「そ、そんなこと無いわよ」(あるケドねw)
ル「それじゃあいつものようにお願いね♪」
ウィンクしてそそくさとアッシュの方へと向かう…。

そして満面の笑みを浮かべながらネコ撫で声で囁く。
ル「ねぇ~~、あっしゅう~?休憩がてらお茶にしない?レアなお菓子が手に入ったのよ~♪」

その悪魔の微笑みに抗う術をアッシュは知らない…。

つ、つづく?
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 14:35 | 妄想中

第3話 補足

黒猫先生 ブラックペーパーに所属するベテランハンターの女性。部下からは『姉さん』と呼ばれている。ルピカとは浅からぬ因縁がある…。本名は…まだ非公開よ!
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 14:08 | 補足・解説

第3話「謎の黒猫先生」

ラグオルにあるブラックペーパーのとある施設。
明らかに場違いな感じの少女が、平然と中に入っていく。
警備の人間とは既に顔パスの仲。

ルピカ「黒猫先生~!」
ギクッ
背中から急に話しかけられ、うろたえる女性。
黒猫「な、ルピカ!ここでその呼び名は止めなさいって言ってるでしょ(汗)」
ル「まあまぁ(笑)。ところで今月分は出来た?」
黒「出来てるわよ。ホラ、さっさと持っていきなさい!」
ル「まいど~。しっかし今月のもエゲツないのねぇ(笑)」
黒「うるさいわね。その方がウケがいいのよ。ホラ、怪しまれないうちに早く行って!」
ル「フフッ『姉さん』がこんなの描いてるなんて部下の人達に知られたらマズイもんネ」
黒「……」
ル「まあいいわ、次もよろしくね。まあ結局BPに売るんだけどね」
ル「わざわざこんな二度手間してないで、いっそ直接BPに売れば?(笑)」
黒「いいからカエレ!」

ルピカの暴走は続く。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 14:00 | 妄想中

第2話 補足

ルピカ ヘブンストライカー事件で有名になったハンターズの腐女子。今後も悪魔のようなことを散々やらかす。面白ければそれで良し?
アッシュ 名前だけは知られているハンターズの青年。
バーニィ 有名なベテランハンターズの男。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 13:20 | 補足・解説



PSUやPSOとは関係無い(?)全てが妄想のブログデス。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
二代目黒猫先生とは?
これは、ある日突然二代目に襲名されてしまった不幸な婦女子(?)の記録デス。

しばらくは秘密裏にドウジン活動をしていたのですが、最近お姉さまに活動内容が全てバレてしまい、今は開き直って堂々と活動しています。

ちなみに私は、PSOの同名の人とは関係ありませんよ?
初代さんが言うには魂の繋がりがあると言ってたけど…。それってどういうことなのかな?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧