黒猫先生のナイショのお部屋?弐

第2話「悪魔の誘惑」

アリーナ嬢から差し出された本を手にとるリンネ嬢。
リンネ「!!こ、これは…!もしかして今闇市場で出回っている最新本?」
アリーナ「リンネこれ知っているの?」
リ「え?ま、まあね。これでもちょっとばかし闇市場には詳しいのよ」
ア「へ~!リンネってスゴイのね~パチパチパチ」
リ「まあね…ってコラ、ごまかさないw」
ア「アハハハ(汗)」
リ「それよりな~んでこんなのを持ってるのかな~?」ニヤニヤ
ア「いえ、その…さっきそこで拾ったのよ。ほ、ホントよ!(汗)」
リ「ふ~ん、まあいいけどね。そ・れ・よ・り…」
まわりをキョロキョロしながら少し顔を赤らめて話すリンネ。
「ね、ねぇ。これ、私にも見せてくれない?」

ア&リ「嫌ぁぁぁぁぁ!キャー!ふ、フケツ~!」
人通りが無いのをいいことに、二人はキャーキャー騒ぎ座り込んでその本を読んでいる。
リ「ふう、読み終わった。今回も凄いわね、この本」
ア「今回も?」
リ「ん?いや…あ~なんでもないナンデモネ(笑)」

???「あの~」
唐突に頭上から少女の声が聞こえてくる。
ア&リ「!!ハ、ハイ?ナニカシラ?」
慌てて本を隠す二人。
ルピカ「ね~お姉さん達。そういうのに興味あるの?」
声をかけてきたのは、とある事件で有名になったハンターズの少女だった。
ア「ル、ルピカちゃん。いつの間に(汗)」
ル「まぁまぁ細かいことは気にしない。それよりも~イイブツがあるんだけど、買ってくれないかな~?」
ア&リ「え?」
ル「これなんだけど…アッシュのとっても恥ずかしい写真v」
ア&リ「な!なんですって!!!???」
ルピカは懐から何枚か写真を取り出すと、パラパラと二人に見せる。
着替えの隠し撮りのような写真や、誰かと絡んでいる半裸の写真など色々ある。
そのどれもが間違いなくアッシュだった。
ル「どぅ~?凄いでしょ」
ア「す、すご…」
ル「今ならセットの特別価格で売りますけど~。どうしましょうか?」
ア&リ「か、買います!!」
即答する二人。

ル「まいどあり~♪」ニヤリ

続く…?
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-09-15 06:24 | 妄想中

もう我慢できないので(一ヶ月以上放置デスガ)

構想中というかネタ関係を一挙書き出し(実際本編を書くかは不明)

「ヘブンバニxアシュ」
伝説の同人誌。作者不詳。ヒューキャストが描いたとの噂もある。
見た者全てを魅了し、陥落させる力を持つ。

「黒猫先生の実生活特集編」
締め切り前の修羅場編(タスケテ ノル!)
コ○ケと仕事のバッティング編(警備の仕事?私はサークル参加してるのに!)
手下にバレタかも?編(何でアイツがココに!)
ネタが無い編(こんな時こそバーニィの出番ネ)
ありがた迷惑なファン編(アリーナちゃん、イイ娘なんだけどBPの仕事場まで来られると…)

「レオパパの追憶編」
ああ、カレンちゃん昔はあんなに懐いていたのに…。

「ルピカ、黒猫、カレン共同出資のお店編」
今日は同人ショップ「獅子の穴」開店日。
開店イベント「黒猫先生のサイン&握手会」
ゲスト店員「バーニィ&アッシュ」


こんなとこデスカ。意見求む(ぉぃ
あ、前のお話(第1話)は微妙に修正。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-08-25 06:32 | 構想中

第1話 補足

アリーナ嬢 本名「牧原アリーナ」某格闘ゲームとは関係ない。お嬢様でまだ新米のハンター。
輪廻(リンネ)嬢 アリーナの友人。
謎の本 「バニxアシュVOL.3」
同人誌 BPが裏で暗躍して作っていると言われている本。多数の種類があり、専門の店や即売会と呼ばれる販売展示会なども行われている。詳細はまだ不明。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-07-08 01:18 | 補足・解説

第1話「バーニィさんとアッシュくんて」

ここはパイオニア2。大勢の人々が暮らす星を渡る船の中。
全ての発端はここから始まる。


アリーナ嬢「あら?これは何かしら?」
ラグオルからの帰り道、アリーナは道の端に落ちている本にふと目がいってしまう。
それは一見して普通のマンガ雑誌のようであったが、見たことのない表紙だった。
妙に薄い本。しかもまだ新品のよう…。
ラグオルでは雑誌の発刊は制限されているので、知らない雑誌は無いハズ。

ア(新しい本かしら?)
アリーナは手にとって広げてみる。
ア「!!!!」
真っ赤になってすぐに本を閉じてしまうアリーナ。
「ちょ、ちょっとナニコレ?こんな本見たこと無いわよ!」
ドキドキが止まらないアリーナ嬢(笑)

ア「お、落ち着くのよ。これはもしかして最近噂になっている同人誌とかいうものかしら?BPが裏で暗躍して作っているとの話だったケド…」
総督府からは、この手の雑誌類は発見次第即回収と言われていたが…。
ア「ちょ、ちょっとくらいなら…いいわよね?」
周りに誰も居ないことを確認すると、座り込んでこっそり広げ読み始める。
ア「これってバーニィさんとアッシュくん?うわ、何コレ。男同士でコンナコト…」
魅入るアリーナ。
あまりのマンガ内容の過激さに引きずり込まれ、知り合いが近くに来たことに気付かない。

輪廻(リンネ)嬢「アリーナ?こんなとこで何やってるの?」
ビビクッ!!!
思わず背中に本を隠すアリーナ。思いっきりうろたえる。
ア「な、なんでも…ナイワヨ!」
声がうわずっている。
リ「え~?どう見たって怪しいわよwな~に背中に隠したのかな~~?」
ニヤニヤしながら覗き込むリンネ。

アリーナは観念してその本を見せる。
ア「こ、これなんだけど…」

続く!
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-07-08 01:17 | 妄想中

プロローグ 補足

某L(ハヌ) 某チームのマスター
BL本 BOY'S LOVEな本。詳しいことは本人にキイテクダサイ
BP(ブラックペーパー) 金になるものなら何でも扱っている組織。そう、同人誌でさえ…。
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-07-07 02:40 | 補足・解説

プロローグ

この妄想は実在のゲーム、キャラクター、人物とは何の関係もございません。
全てがタダの妄想デス。本気にしないでね。



某L(ハヌ)「BL本、BL本♪やっぱりふたりはお熱い仲なのね~♪」
「ウヒヒヒヒッ」

BP(ブラックペーパー)のアングラショップの帰り道。大量に買いこんだアレな本の一冊を、そのハヌはうっかり落としてしまう。
それが恐ろしい事態を引き起こしてしまうとも知らずに…(苦笑)
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-07-07 02:39 | 妄想中

すべてはここから始まった(?)

今日の妄想。
バニxアシュの本を偶然拾ってしまったアリーナ嬢。そこに輪廻嬢が通りがかり…。
さらにルピカが(謎)

それをアッシュが偶然見てしまう。さてこの結末は?(無いw)

ああ、こんなのを書かなければ…。

orz
[PR]
# by kuroneko_sensei | 2006-07-06 18:23 | 妄想中



PSUやPSOとは関係無い(?)全てが妄想のブログデス。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
二代目黒猫先生とは?
これは、ある日突然二代目に襲名されてしまった不幸な婦女子(?)の記録デス。

しばらくは秘密裏にドウジン活動をしていたのですが、最近お姉さまに活動内容が全てバレてしまい、今は開き直って堂々と活動しています。

ちなみに私は、PSOの同名の人とは関係ありませんよ?
初代さんが言うには魂の繋がりがあると言ってたけど…。それってどういうことなのかな?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧